コットンVS手使用論争に終止符を

※腐ネタ注意

「コットン使うと、化粧水がコットンに吸われてる気がするんだよね」VS「手で化粧水付けるのは、雑な気がする」論争にはもう終止符を打ちましょう。

きのこVSたけのこ論争と一緒です。

A×BかB×Aか論争と一緒。

単純に好みの問題。

スキンケアをコットンでつけるか手でつけるかは、それぞれに利点と難点があります。

ぶっちゃけ、美容部員がコットン使用を勧めるのは、コットン買ってほしいからだ。

1.コットン

コットン使用の利点は何と言っても、ムラ付きしないこと。

均等に肌に伸ばせるので、スキンケアがきちんと行き届きます。

確かにコットンがかなり吸ってるようなイメージがありますが、あれは含んでるだけです。きちんと肌に返してくれますよ。

ちゃんと借りたものは返しにくる良い子です。

難点は「こする」刺激になりやすいこと。

特にあの、「化粧水が1/2で済む!」とか謳ってる薄いコットンは、本当に指の圧力がダイレクトに肌に伝わるので、肌が荒れやすい人はやめといた方がいいです。

コットンけちって肌が荒れて、別のスキンケアを買い足すのはもったいないでしょう?

そんなもんに使う金あるなら、遠征費貯金するわ!

というわけで、力加減を考えて、薄くないものを使えば、隅々まで綺麗にしてくれる良い子がコットンです。

2.手

手で付けるのは何がいいって、ハンドプレスできること。

抱きしめあうとストレスが消えるとかよく言いますし、怖い思いをしたヒロインをヒーローは抱きしめて落ち着かせるものですが、人間は人肌に触れると安心します。

それは自分の手で自分の体を触る時だって一緒です。

掌の温度で頬や額を暖め、リラックスしながらお手入れするのは、美肌のためにはかなり効果的です。

難点は、ムラ付きしちゃうこと。

実はコットンよりスキンケアを吸っちゃうのが、手です。

だって顔も手も、どっちも同じ皮膚だからな。

顔に浸透するように作られてるスキンケアは、そりゃもちろん手にも浸透しますよね。

なので、結構丁寧にしないと、お手入れの終わりの方に付けた顔の端っこは、全然美容成分が届かなかった、なんてことになります。

丁寧に、ハンドプレスをしてお手入れすれば、じっくりじんわり行き渡らせてくれるのが、手です。

「病は気から」なんて言葉もあるように、人間は結構単純な生き物で、思いこみで色んな実感をします。

腐女子御用達、媚薬だと偽って飲ませて反応見るアレです。

スキンケアは自分が「気持ちいい!」と思うのが、何よりの美容作用。

コットン使いでも手でも、自分が「気持ちいい!」と思えるお手入れが、何よりの綺麗への近道です。