スキンケア用品の「しっとり」と「とてもしっとり」の違いって何?

この時期、お客様からよく相談されることがあります。

「やっぱり、『とてもしっとり』タイプの方が、保湿できるんでしょ?」

いや、そんなことないよ!

質問される頻度は高いのに、ブログで書いたことなかった気がするので、今日はちょっとこれを書いておきます!

化粧水、乳液の「しっとり」と「とてもしっとり」の違い

ぶっちゃけ、一緒だよ!

中に入ってる成分は一緒です。

「とてもしっとり」の方が保湿力が高いというわけではない。

単純に、作られ方(処方)の違いです。

コミックスの新刊の、特装版か通常版かって感じ。

表紙が違うだけで、中の漫画は一緒です。

「とてもしっとり」の装丁

結論から言うと、「とてもしっとり」は、浸透するスピードが遅くなるように作られています。

というのも、さっさと浸透しちゃうと、肌表面にしっとりした感触が残らないからです。

「しっとり」とかは、普通の浸透スピードなので、さっさと肌の中に吸収されていきます。

「必要なところへすぐに届けるね!」っていう敏捷性の高い一番槍タイプです。

そうすると、スキンケアした直後の肌表面は、まあちょっとうるおってるかな? くらいの感触になります。

化粧水つけて、保湿感とかうるおい感に対して「物足りない」って思う人は、この「さっさと浸透しちゃったから肌表面がしっとりしてない感」が物足りないわけです。

対して「とてもしっとり」は、あんまり早く浸透しないように作られています。

肌表面に少しとどまってから、ゆっくり浸透していくようになっています。

辺りの問題を片付けてから中心地へ向かう、「ここは俺に任せろ! 後から追い付く!」タイプ(not死亡フラグ)

化粧水つけて、「べたべたして嫌だ」って思う人は、この「肌表面にどとまって、しっとり感を持続させる」処方が苦手な人です。

「とてもしっとり」って言うと、高保湿なイメージがありますが、実際は保湿する力に関しては違いはありません。

一応表面にとどまってくれるので、

  • 皮むける・粉吹いてるくらいカサカサしてる
  • 肌が最近パッサパサ

みたいな時は、応急処置的に表面を潤わせるというスキルはあります。

乾燥肌さんには、おススメです!

ちなみに、「さっぱり」は逆に、浸透するスピードを超速設定にしてあるタイプです。

化粧水のべたつきが苦手な人はおススメ!

そんなわけなので、

  • 冬場は絶対に「とてもしっとり」の方が良い
  • 「さっぱり」タイプの方が、保湿できない

とかそんなことはまったく無いです。

自分の肌や好みと相談して、好きなもの使いましょう。

上手な保湿の仕方はこっちでも書いたので、是非ご参考に!

シェアする

フォローする