好きな色と似合う色のお話~メイクは念能力コーデで考えよう~

パーソナルカラーって、自分が魅力的に見える色って考え方があるんですよ、という話を本にして出しています

これに関連して、ちょっと長々と引用してしまいますが、こんなご相談頂きました!


パーソナルカラーの存在を知り、サロンを2件訪問して自分のカラーを見て貰いました。結果は2件とも第一のカラーはブルベ夏だと言われました。(骨格は見て貰ってませんが黒河さんの記事を読ませて頂いた限り曲線の要素が多いです)その時普段使っている化粧品の色も見てもらったんですがすべてイエベさん向きのものばかりとわかり、ずっと合わないものをつけていたのか…と落ち込みました。
(中略)
普段から暇さえあれば化粧品の口コミサイトを見たり黒河さんのブログを読んだりと元々化粧品に触れる事が凄く好きでした。新商品があればつい試してしまいますしデパートのコスメカウンターも大好きです。特に化粧がうまいわけでもないですが、スキンケアや化粧する事自体は結構好きな方でした。
(中略)
でも、それがあまり自分にあっていないと分かってしまった今、急につまらない事のように思えてきてしまいました。コスメサイトを見てもこれは使える、使えない、というところばかり見てしまい、前のように色合いにドキドキしたりパッケージにひかれる事がなくなってしまいました。ときめいた所でこれは結局自分では使えない色だ、と思うようになってしまいとても辛く悲しいです。 似合う色と自分の好みが正反対の位置にある場合、こういう気持ちとどうやって付き合っていったらいいのでしょうか。
(中略)
プラスになれと思って見てもらったパーソナルカラーですが、あなたはこれ!この色!これはNG!と強く言われ、動揺と悲しみが大きいです。よろしかったらアドバイスをお願い致します。


これはパーソナルカラー見てくれた組み分け帽子スタッフさんが冷たい!

先にはっきり言っておきますね。

パーソナルカラーは、あなたに似合わない色を知るためのものではありません。

あなたを、よりキレイに魅せてくれる色を知るためのものです。

一緒のように思えますけど、全然違うんですよ!

結論から言うと、相談者さんは夏カラーだってわかって喜んでいいってことです!

1.パーソナルカラーとは

私の記事を読んでくださったとのことなので、パーソナルカラーについて書いた「あなたは何属性?」を見てもらったんだと思います。ありがとうございます!

詳しくはその中に書いてるので省きますが、パーソナルカラーは、「その人の肌がより健康的で美しく見える色」です。

確かに、自分の属性じゃない色を使うと、ちょっと疲れてるように見えたり、肌がくすんでるように見えてしまうという欠点もあります。

相談者さんはこういうところを真摯に勉強したり、取り入れようとされてるので、落ち込んでしまったんだと思います。

その真っ直ぐさはとっても素敵ですよ!

でも、ちょっとカラーを見てくれたスタッフさんが、強い言葉を使いすぎですね。

もっとハリーをグリフィンドールに組み分けた時みたいに、「これは…春属性…いや、冬でもいけるが……夏属性はどうだ??」って優しく声かけて欲しい。

「絶対これじゃないといけない! これはNG!」なんてことは絶対に無いので、安心してください。

確かにパーソナルカラーは、「より」美しく見える色なので、バッチリ似合う色ではあります。

ただ、他の属性の色が「絶対に似合わない色」ではないんですよ。

多少、「その色だと顔が暗く見えるな……」って色はありますが、「絶対に付けちゃいけない」「壊滅的に合ってない」にはならないのが、メイクとファッションです。

その理由は2つあるので、ちょっと見ていきましょう。

2.隣り合った属性とは相性がいいので、互換性のある色を使える

簡単に属性分けすると、こんな分布図です。

もっと色々書いた詳しい属性特徴は「何属性?」の中に載ってるので、詳しくはそっち見てください。

化粧の事だと思うから、何か難しく考えがちなんです。

念能力か、得意魔法の領域だとでも思って!

念能力とか、古くから言われる五行説とか、はたまた大体のファンタジー魔法属性も、大体「メインの属性の他に、隣り合ってる属性も伸ばしやすい」って言われますよね。

パーソナルカラーも一緒です!

夏属性さん的に言えば、肌のベースになってる色としては、隣り合ってる冬属性にも適性があります。

でも、顔のパーツの雰囲気をピックアップしてみれば、隣り合ってる春属性にも適性があるんですよ!

春属性は、相談者さんが気にしてらっしゃった、いわゆるイエローベースの属性ですが、夏属性と相性の良い色もいくつもあります。

夏属性の方に合わせると、「んん……色がうるさい!」ってなる時もありますが(笑)、基本春属性であるパステル系統の色味は夏属性さんでも使いやすいものです。

ファッションなら、靴やバッグやマフラーみたいに「差し色」って言われるところでちょこっと使えばいい話ですし、メイクでもアイシャドウのワンポイントだけ春属性カラー使う、っていうのは全然有りです(詳しくは後述)

あと、冬属性の色味はちょっとカッコよく決まり過ぎちゃうところがありますが、これも夏属性さんが活用しやすい色味です。強い女に見せたい時は効果的!

正反対の秋属性の色味は、ちょっと使う時慎重になった方がいいとは思いますが、これも春属性と同じく、ワンポイント使いって手法がありますよ!(後述)

3.「足し引きコーデ」=「念能力コーデ」で、他属性の色も使える

スイーツのお姉様が得意な「足し引きコーデ」って言葉があるじゃないですか。勇気出して買った雑誌で見かけたら、理解不能で心折れそうなやつ。

あれも、念能力で考えたらめっちゃわかりやすいんですけど、相談者さんがハンター知らなかったらあれなのでざっくり簡単に。

要するに、人間100の力を持ってるわけですよ。

腕に80の力を込めてパンチしても、避けられちゃったら20の力しか残してない体は紙装甲になってるからすげえダメージ喰らうよね、っていう念能力の解説がありました。

メイクやファッションも、100の出来栄えが一番心地いいと感じるレベルなわけです。

派手で個性的で奇抜な80点のセーターの下に、ドギツイギラギララメラメな80点のミニスカ履いてたら、めっちゃ見ててしんどいよね。

だから、上に80点のセーター「足し」たら、下のスカートはおとなしめに、20点くらいのやつに「引こう」ね、っていう話。

雑誌にも、「足し引きコーデ」じゃなくて、「この冬はこれで完璧! 30日着回し念能力コーデ!」って書いてあったらめっちゃわかりやすいのにな。

というわけで、メイクも同じように考えましょう。

アイシャドウも口紅チークも派手で濃い、バブルも裸足で逃げ出すようなメイクにしてたら、見てらんないですよね。

一か所濃くしたら、一か所引く。

属性もこの法則が適用できるんです!

一か所くらい自分の属性じゃないやつ使ったって、全然平気です。

一か所他属性のカラー使ったら、他の場所は自分の属性のカラー使う!

いまいち知られてないメイクのポイントは、「トータルでひとつのメイクなんだよ」ってこと。

  • この口紅の色すごく好きなんだけど、私の属性カラーじゃない……
  • めっちゃ好きなアイシャドウの色合わない、つらみ

とか、そんな理由で好きな色諦めなくてもいいですよ!

「念能力コーデ」で、顔全体のバランス取れるから!

この春属性色は、ワンポイントだけの差し色! っていうメイクも、全然有りです。

私もカーキっぽい濃いグリーンとか付けると顔がくすんで見えるんですけど、チークと口紅の色を得意な色にしてやると、別に大して気になりません。

こういう言い方すると酷いかもしれないけど、人の顔のパーツをピンポイントで観察するのは、恋人とキスする時か、オタクが推しの姿眺めてる時くらいだから!(笑)

基本的には、遠目に見て全体で釣り合いが取れて理想的になっていればオッケーです。

メイクはチーム戦だ!

4.具体的メイクのアドバイス

多分、夏属性の方が、春属性や秋属性に憧れを抱くとすると、アイシャドウで言えばブラウンとグリーンじゃないかと思います(相談の中にブラウンは挙がってましたね)

確かに基本的には苦手な色ではあるんですが、使い方によっては結構うまくいきます。

これも念能力コーデでどうにでもできます。

目尻のピンポイントで春属性や秋属性のカラーを使って、まぶたの広い部分には夏属性の得意なホワイトやグレーを入れる手法です。

お手持ちのアイテムに無ければ、ちょっと単色で買いそろえたりしないといけないかもしれませんが、憧れの色を使う面積を狭くしすれば、上手くアクセントになりますよ!

これも考え方次第。

ちょっとしか使えないんだ……と思うと落ち込みますけど、

大事で大好きな色だから、ここぞという場所にしか使わないんだ!

って思うと、好きな色の特別感が出ます。

痛バみたいに全面には付けられないけど、お仲間だけに通じるワンポイントのさりげないグッズ使いだと思って。

あと、ブラウンに関して言えば、アッシュ系(灰色がかったやつ)のブラウンはブルーベースの人が映えるブラウンです。

ひとつくらい、アッシュがかったブラウンのアイシャドウを持っておいて、好きなブラウンに馴染ませて使ったりすると、うまく使いやすいと思いますよ。

で、そういうアイシャドウを使った時は、チークや口紅をローズっぽいもの、青みの入ったピンクを使うように気を付けると、バランス取れますから。

あと、カネボウはパーソナルカラーを研究して色味を作ってるメーカーさんです。

アイシャドウもチークもファンデも、何属性の人にでも合う色味で作ってくれてます。

ケイトやコフレドール、デパートコスメだとルナソルめっちゃ可愛いですよね!

こんなんでも、全属性似合う色なんだよ! ちょっと仕事帰りにドラッグストアとかでカネボウのやつ付けてみて欲しい。逆にブルーとかも全属性似合うやつだから。

パッと見は「可愛い! でも、何属性の色だ?」みたいなの多いんですけど、実際塗ってみたら「私に似合う……!」ってなるものばっかりです。

色味が不安な場合はちょっとカネボウ製品攻めてみて、「夏カラーっぽくないけど、案外こんな色でも似合うな!」って自信付けるのも有りだと思います。

これを知らなかった時、カネボウのメイク品っていっつも似たような色しか出ないから、「またこの色wwwカネボウさんの新色(笑)」って馬鹿にしてました、ごめんね。めっちゃ汎用性高いじゃん。すみません。

確かに、よりその人を引き立てる色っていうものがあって、それが好きな色と違ってると、寂しくなるものです。

でも、似合わないから絶対使っちゃ駄目、ってわけじゃないので、安心してください。

  1. 隣り合ってる属性の色は、案外似合う
  2. 他属性の色使う時は、念能力コーデでバランスを取る
  3. メイク品は混ぜて使ってもいいんだよ!

っていうポイント押さえて活用してもらうといいと思います。

相談頂いた時、私は自分がイエローベースでブルーベースが憧れなので、「いいなあ、夏カラー!」って言ってしまいました(笑)

だって、夏カラーって、どんな紫でも似合って、4属性の中で最強にラベンダー色が似合うカラーなんですよ!

色気のある人に許されたカラー! カッコイイ!

お互い、無い物ねだりですね。でも、憧れが努力や工夫に変わって、もっともっとって上を目指していく感情になるから、私はそういう感情も愛おしいものだと思います。

全然落ち込まなくていいですよ。

ドキドキわくわくしながら買ったメイクアイテムも、使い方次第でうまく使えます!

むしろ、夏カラーだってわかったからこそ、「この好きな色を生かすには、他の部分の色どうしようか?」って色々考えられます。

アイシャドウなんて凝り出したら、「このメーカーのピンクと、このシャドウの黄色使って……」って、自己流アイメイクしだしますからね!

そうして自分だけに合う、夏カラー用の秋カラーメイクとかできるようになったら、すごいですよ!

メイク本には絶対載ってない、「私だけのメイク」作っちゃえるなんて、コスメ好きの極み!

私みたいに色んな人のメイクをする仕事をしてると、この肌の人にはこれが合うから……ってテンプレで考えがちなんですけど、自分のメイクを楽しむ分には、

「他の人はどうか知らないけど、私にはとっても似合うメイク」

を追求するのって、全然有りというか、とっても素敵なことだと思います。

「他属性のカラーだって、私の顔ならこう使えば生かせるんだから!」を発見するために、ドキドキわくわくしながら色んなアイテムを買うなんて、めっちゃ楽しそう!

好きな色を、何の煩わしさもなく使うのはできなかったかもしれないけど、だからって好きな色全部捨てる勢いで諦めなくていいと思いますよ。

少しでもメイク品に持ってたウキウキ感を取り戻せますように。

シェアする

フォローする