京都が楽しかった話2【京都旅行2016】

一緒にいった白峰かなの京都レポ(写真盛り)

  1. 旅行の荷物選びのコツを探る
  2. 宵宮祭の伏見稲荷大社を行く【X-T1 × XF18-55mmF2.8-4】
  3. 早朝の伏見稲荷大社で本気ハイキング【X-T1 × XF18-55mmF2.8-4】

序盤の続きです

祇園四条で京菓子と京コスメに興じる

写真ぱしゃぱしゃ撮りまくってた白峰かなが、私のしたいこともしようと言ってくれたので、

京都のわらびもちを食べに行きました!

私わらびもち好きだし、とりわけきなこが好きなんですけど、本場京都で食べたことない!

というか、京都って和料理とか甘味みたいなイメージ強いのに、私修学旅行とか含めると何度か京都行ってるはずなのに、一度も京都でお茶屋さんに入ったことがない!!

修学旅行の時とかは、そりゃ湯葉とか旅館で出たんですけど、ぜんざいとかお抹茶とかわらびもちとか食べたことない!

というわけで、わらびもちの美味しいと噂のところを調べて、祇園四条のお茶屋さんにいきました!

ぎおん徳屋

結構有名なのかな? お店自体小さいのもあるんでしょうが、店の外行列で、入るまで20分くらいは並びました(タッチの差で、私たちの後ろが長蛇の列になってた)

img_1133

きなこと抹茶が花型でオシャレ!

わらびもちうめー!!!!

スーパーで売ってる300円のわらびもちと全然違う!!(当たり前だ)

何だあのとぅるとぅる感!! 意味がわからないくらいやわやわとぅるとぅるだ……!

きなこ超美味しいし……!

くずもちも食べたかったので、「合わせ盛り」ってメニューにしました。

でもわらびもちスキーの前には、くずもちは霞んでしまったごめん……。

かなに「今回の旅で一番いい顔してる……」って言われました!

知恩院で仏像を観る

近くにあったので、もみじが有名な知恩院にも行きました。

img_1139

中は撮影禁止だったので、外から

先日お参りしたのが伏見稲荷と貴船神社で、どちらも神社だったので、初めてお寺系統のところへ。

荘厳な仏像拝んで、何とも言えない衝撃を受けました。

私、別に信心深くない人間なんですよね。

割と能天気にラッキーに育ってきて、それこそ誰かをとても恨んだり運命を呪ったりするようなことはほとんどなく生きてきました。

そういうのもあって、宗教って「たくさんの辛いことを背負って、何かにすがって救いを得たい人がするもの」みたいなイメージがあったんですよ。そんで、理解もできてなかった。

親戚家族も特別信仰してる宗教とかも無いし、あんまりちゃんとわかってなかった。

だから、修学旅行で奈良の大仏見ても面白くも何ともなかったし、神社だってファッションでお参りするような感じで、おみくじだけ楽しいからひいとく? みたいな感覚でした。

でも、今回知恩院へ行ったら、ボランティアの解説してるおじいちゃんが言うんですよ。

「昔、信仰は金持ちの娯楽だった。庶民は何かを拝んだり祈ったり心の支えにしたり信じたりすることが、許してもらえなかった。それを平等にせよと説いたのが浄土真宗で、その総本山がこの知恩院なんだ」

それ聞いたら、何だか色々考えました。

別に神様仏さまに助けて欲しい人だけが、信じるものじゃなかったんだろうなあって。

神様仏さまに見られて恥ずかしくないように頑張って生きようとか、これだけ頑張ったから天運に味方して欲しいとか。

別に救いを信じてるわけじゃなくても、家族や自分や大事な人が共通で信じて誓いを立てられる相手が神様だったり、そういう考え方もあるんだろうなって。

そう思うと、大きくて怖い顔してる像も、自分が悪いことしたらこういう人が自分の行いを見てるぞって戒めにしたり、何かに謝りたい時は大きくて優しい仏像が受け止めてくれる気分になったり、自分1人じゃ抱えきれないものを預ける相手でもあったのかもしれない、と思いながら観覧してきました。

ついでに、ものを作ったことのある人間としては、仏像製作で文化も技術も発展して、ある程度彫刻師の雇用もあっただろうなと思うと、仏教すげえな! とも思いました。

帰りの時間が迫ってたので、あんまりゆっくり見られなかったのが残念!

なるほどキツネのとんちコスメ/加美屋

帰りの電車の時間に間に合わないやばいと小走りで帰る途中、かなが私に言ってくれました。

「あそこ寄りたいんじゃなかった? 寄ろう!」

実は貴船神社近くで見たコスメの看板に載ってた、謎のキャラが2人して気になったんですよ。

img_1130

看板に、「なるほどキツネのとんちコスメ」って書いてあったの見て、困惑。

img_1130-2

これネコじゃね?!?!

貴船神社からホテルに戻って、思い出す。

白峰:そういえば、あのコスメ何だったのかな?

黒河:ああ、あの……「小賢しいキツネ」みたいな……

白峰:ニックが苦しんだ偏見はやめてあげてください(ズ●トピア)

調べてみたら、加美屋という京コスメのひとつだそうで。

img_12481

もらってきたリーフレットより

こいつ公式キャラかよ!!!

看板描いた人の落書きだと思ってたわごめん……。

黒河:ネコ……

白峰:ネコだよね……

黒河:「小賢しいネコのなぞなぞコスメ」……(※「なるほどキツネのとんちコスメ」)

白峰:間違って覚えそうだからやめて

という経緯を経て、帰り間際に加美屋に駆け込む!

時間なくてあまり吟味できなかったんですけど、祇園店限定パッケージのスキンケアを購入!

img_12461

蓋も側面の柄も最高に可愛い…!

これ明日にでもレビュー上げます!

ローションパックシートが有名だったみたいなので、そっち買えば良かった!

帰りは2人とも泥のように眠りながら帰りました。もうちょっと楽に本土に出れたら、旅行も気が楽なんだけどなあ(by四国民)

という感じで、二泊三日の京都旅行は終えました!

水族館も植物園もまた違う時期に行きたいし、何ならもう一度わらびもち食べたいし(今度はぜんざいでもいい)、川床料理も食べたいし、多分また京都に行くと思います!!

次に京都行ったら、京都しゃぼんっていう京コスメ買うんだ!!(今やってる石鹸手作り体験、私が行った時は受付停止中だったから諦めたんだよ~! やってみたい!)

かなちゃん、楽しい旅行をありがとう!

レポにお付き合い頂いた皆様も、どうぞ良い遠征&良い旅行を!

シェアする

フォローする