「化粧は武装である」という話を寄稿させて頂きました

ご依頼頂いて、「全身脱毛完全ガイド」様に寄稿させて頂きました!

脱毛サロンに関するサイト様ですが、私のコラムは脱毛に関することではないです。

(しかし私も脱毛したいな……FFキャラみたいにつるつるになりたいよね。発売当時散々言われてたけど、アーロンさんのわき、超うらやましいよな。そういえばFF7リメイク楽しみだな~!)

わたしの自分磨き」というテーマで執筆依頼を受けて、自分磨きか~~とめちゃくちゃ悩みました。

正直な話すると、私は努力が苦手です!

自分のために時間を割いて、あれこれ試行錯誤するくらいなら、海外ドラマまとめてレンタルして延々観てたいし、アサシンになって悪い奴暗殺したい(最近アサシンクリードにハマっています)

それでも、新入社員の頃は、それなりにがんばってはいたんですよね。先輩たちに全然知らない知識を教えてもらったり、セミナーや勉強会で新しい技法を教えてもらったりして、それが自分の顔にどんな風に生かせるのか試していました。

ペア練習も頻繁にあったので、私に似合うであろうメイクを他人にしてもらって、新しい発見があったり。

しかし、ある程度基礎のメイク技術が身についてしまうと、あまり試行錯誤もしなくなるんですよね。勉強会に参加する回数も減るし、自分に似合うメイクはもうわかってるから、そう顔をいじることもなく。

新商品を試すのは楽しいから、買ってきて鏡に向かったりはするけれど、メイクアイテムも一軍メンバーはある程度固定されてるし。

こんな私でも、自分のためにがんばって、キレイになろうと努力してることとは……? と、美容生活を見直しながら、執筆しました。

どうやったって、ファンデは一か月半くらいで新調しないといけないし、マスカラもまあ半年くらいでカスカスになる(実際、1年くらい使い続けるけど)から新調する。でも、全アイテム揃ってなくなるわけじゃないから、結局一か月に一回くらいは化粧品売り場に行くんですよね。いやまあ、仕事で連日行くけどそれは置いておいて。

そしたら、買い物行く前にちょっと在庫確認とかするじゃないですか。

「今使ってるこれ、切れたら次同じやつ買うのか?」とかも、確認する。

考えてみたら、私はこの行程を結構重要視していることに気づきました。

おまえ、引き続き私のアイライン引き受けてくれるか? こないだドライアイでいっぱい涙出たとき全然滲まなかったし、私としては任せ続けたいんだが? みたいな確認。

基礎的なことかもしれないけど、これ結構重要な話では?

ゲームでも、キャラ入替できるゲームは、パーティ編成あれこれ考えるもんね。私のプレイスタイルに合ってる最強メンバー、これか!? って、ボスに勝てなくなったタイミングとかで考えるじゃん。あんな感じだよね。

というような自分の化粧との付き合い方を、あれこれ見直しながら書かせて頂きました。

とても楽しく書かせて頂いたので、是非ご覧ください~!

「化粧との付き合い方を見直す時間を作る」オタクな美容部員・黒河けーこのメイク論

また、今回担当してくださった編集者さんには、たくさんお勉強させて頂きました。

Wordってそんな機能あるんだ!? というのが一番の衝撃ですが、とても的確かつ丁寧な校正で大変お世話になりました!

あと、タイトルを相談したら、「そんな装備で大丈夫か?」という案を出してくださって、PCの前でしぬほど笑いました。

いやでもそのルシフェル精神大事なので、皆さん化粧ポーチに向かって竹内ボイスで問いかけてください。「そんな装備(化粧)で大丈夫か?」

シェアする

フォローする