化粧品って、どのアイテムの金額をケチるべき?

先日、かなと食べてきた久世福商店の和ジェラートが超美味しかった! !

詳しくはかなちゃんが美味しそうなリポート書いてくれてるので、こちらをどうぞ!

久世福商店「和ジェラート」のオススメ

また食べたくなってきたぞ(笑)

久世福商店自体は楽天に出店してるようで、色々通販できますが、和ジェラートは店頭じゃないと売ってないみたいなので、是非機会があれば!

さて! 先日、友人に相談されました!

「やっぱり、化粧品にかけられる金額には限界がある。どのアイテムにお金かけたらいい?」

スキンケアもメイクも、具体的なアイテムは、人によって使う使わないがありますよね。

でも、じゃあ必要なアイテムの中で、金額配分ってどうすれば?! ってのも、地味に悩みますよね。

手に入った経験値、好きに使えるけど、どこのステータスに割り振ろうか、みたいな。

というわけで、化粧品って、何にお金かけて、何をケチるべきか、ちょっと見てみましょう!

スキンケアは何にお金かけるべき?

ぶっちゃけ、メイク落としと洗顔かな!

汚れを落とす系のものは、

  1. 肌に負担をかけない
  2. 汚れをしっかり落とす

の2点をちゃんとこなしてくれる、そこそこ良いやつ使った方が、美人になれます!

その時々のステータス異常の治療には、時間もアイテムもケチっても、宿屋で回復するのはちゃんとするじゃないですか。

一日の汚れと疲れを落とすのは、宿屋的アイテムだからね!

化粧水とかは、お肌弱い方とか、なりたい肌がある方はこだわるべきだけど、「正直最低限のお手入れできればいいや」って人は、ケチっても良いですね!

黒河は正直化粧水はケチる。

って言いつつ、安いし肌に優しい牛乳石けんを洗顔に使ってしまうのは、私だ。

メイクは何をケチるべき?

正直、アイラインとアイブロウはケチってもいいよ!

超ぶっちゃけると、大体どれも一緒だからね!

  • 汗で落ちにくいかどうか
  • 描き心地

の違いはあって、千差万別ではあるんだけど、肌への負担とか使ってる成分とかにはほとんど違いがないです!

特にアイラインは、一番目の近くに使うアイテムなので、人体に害の無い成分を使うよう、制限が厳しくなってます。

要は、使える成分に限りがあるので、どれも大体中身似たようなもん!

アイブロウはほんと、描き心地が違うくらいで、どれ使っても一緒だよ(個人の感想です)

なので、眉描くやつと、アイラインは、お金ケチっていいと思います。

逆に、お金かけるなら化粧下地!

  • 肌に直接触れる
  • ファンデを肌にくっつけるノリの役割

ってところ考えると、一番お金かけると、「化粧してる感」「美人度」につながると思います。

化粧品って、色々使い始めたら、あれもそれも高いやつ使わなきゃいけないのかな……? って気分になりますよね。

こだわりがある人や、化粧品にある程度お金かけてもいい! って人は、それなりのお値段のものを使って良いと思います。

しかし、

  • 化粧品に金かかりすぎると、遠征費貯められない!
  • 化粧品は最低限でいいから、ケチれるところはケチりたい!

って人は、今日紹介したポイント押さえて、使うアイテム見直してもいいかもしれません。


季刊誌モノクローマーにて、新しいオタじょび記事公開しました!

毎度しつこいけど、季刊誌ごと買ってもらった方がお得にはなってます!

興味ある方は是非!