メーカーさんが明かしてくれないシャンプーの真実を暴く

物心ついてから、既に習慣と化しているでしょう。

本日はシャンプーの本当のことを記しておきます。

存外、「習慣だから」で済ませている部分が多いと思うので、この機会にシャワータイムのやり方を見直して、更に綺麗になってください。

1.ヒロインのサービスシーン演じてるつもりで

皆さん髪についた汚れって、どうやったら落ちると思いますか?

  • シャンプーで二度洗い?
  • 泡立ちの良いシャンプーを使う?

正解は、「3分以上シャワーで髪を流す」です。

これで9割以上の汚れが落ちます。

シャンプーメーカーさんたちは、CMとか雑誌とかで、やたらと入ってる成分が良いとか、泡立ちが良いから髪に良いみたいに言うけど、あれ全然関係ねーからな!

髪なんて、神経も血管も通ってないし、菌が繁殖できるほどの栄養がないので、そう大して汚れてません。

今日は泥沼に頭から突っ込んじゃった~とかいうんじゃなければ、空気中の雑菌と、頭皮から伝ってきた汗皮脂が絡みついてるくらいです。

なので、まずは3分以上シャワーで髪を洗い流す。

3分とか長ぇよ! って思われるかもしれませんが、アニメのヒロインのシャワーシーンを演じてるつもりで是非。

いや、昨今のアニメでシャワーシーンとか言われたら、某神宮司財閥御曹司のシャワーシーンしか思い出せませんけど。ヒロインじゃないけど。

これで髪についてる汚れの9割以上が落とせました。やったね!

2.シャンプーで洗うのは髪ではない

  • 髪の汚れがシャワーで落ちるなら、シャンプー要らなくね?
  • じゃあ「洗髪」とは何だったのか……

その疑問も、ごもっともです。

しかし、皆さん「髪を洗う」「洗髪」に相当する言葉を聞いたことがありませんか?

「頭を洗う」です。

シャンプーで洗うのは、頭皮です。

日中の皮脂汚れ、汗の汚れを、それから雑菌が繁殖するのを防ぐのが、シャンプーの役割です。

確かにシャンプーにも保湿成分などが入っているので、その泡で髪をパックするとしっとりさらさらになったりしますが、基本的にそれはコンディショナーやリンスやトリートメントの役目です。

シャンプーは、地肌につくようにして、頭皮を洗うもの。

あまり汚れていない髪を、雑菌を倒すための強い洗浄剤の入ったシャンプーで洗うと、髪を傷めることも多々あります。

いくら泡立てて髪をもみもみしても、頭のばい菌は倒せませんので、ご注意を。

3.シャンプーは2、3プッシュ使っても意味がない

2の説明で何となく気づいた方もいるかもしれませんが、シャンプーは量を使うものではありません。

2プッシュも3プッシュも使っても、洗うべきは、量が多かったり長かったりする髪ではなく、面積の限られれている後頭部です。

シャンプーは1プッシュが1回分に作られています。

シャンプーメーカーさんは、ばんばん使ってじゃんじゃん新しく買ってくれた方が儲かるから、適量なんて言いませんよ。

でも、1プッシュで十分です。

シャンプーの裏に書いてある「数プッシュを手に取り、」なんて文言に惑わされず、1プッシュで頭皮を洗ってください。

その分シャンプーの減りが少なくなって、グッズと新刊に注ぎ込めるからね!

綺麗になって、オタク活動も潤うなんて、一石二鳥!

シャンプーの真実について、ちょっと理解が深まったでしょうか?

髪が美しいと、若々しく綺麗に見えるという統計が、某シャンプーメーカーの統計で出てました(詳細数値は社外秘だったので、載せられなかった。すみません)

普段の習慣でやってるだけのシャンプーも、少し気を付けてやってみましょう。