イベント用メイク・ステップアップ!

みなさん進捗どうですか……?

もういくつ寝ると冬コミですね。

脱稿した方お疲れさまです。まだの人、がんばれ超がんばれ。

「冬コミ用のメイクを教えてほしい!」というお声を頂いてますので、イベント時のメイク注意点パート2やります。

第一弾はこちら。

1.基本ステータスを踏まえた戦略

第一弾の時にもやりましたが、基本イベントの時の肌状態は酷いでしょう。

  • イベント参戦準備で連日徹夜
  • 紫外線降り注ぎ乾燥した寒さに包まれた屋外待機列
  • 加湿器もないエアコンだけ効いた会場

とくれば、肌は乾燥の極みです。

なので、メイクの方向としては、

しっかり乾燥対策をしたメイク

がオススメです。

また、あんまりでかい窓が四方八方にあるような会場は、あまりないかと思います。

イベントが開催されるのは展示場が多いので、天井が高く、ライトが遠く、外からの光が射し込まない暗い部屋が多いはずです。

となると、暗い場所でもきちんと見えるメイクが望ましいでしょう。

血色感とツヤがあるメイク

の方向性が良いと思います。

これおを念頭に置いて、アイテム選びとメイク法を気を付けていきましょう。

2.ベースメイク

崩れにくいベース作りについては第一弾でやったので、割愛します。

乾燥対策とツヤ感が両方できるのは、リキッドファンデ、クリームファンデ、エマルジョンファンデです。ファンデの各特徴についてはこちらをご参考に。

どれもなるべく、あまり暗い色を使わないように気を付けましょう。いつもより1段階明るい色のファンデを使ってもいいくらいです。会場暗いから。

パウダーファンデ愛用者は、下地を保湿タイプのものにするなどで、対策すると良いですよ。

それから、チークは必須!

暗い会場内で、連日作業と原稿でお疲れモードの肌を見せるんですから、そりゃ顔色悪く見えます。

血行を良く見せるピンク系の下地、血色感の出るチークを使って、お疲れ肌は隠しましょう。

ピンク系の下地はこれがオススメ!

伸ばすと明るいピンクになって、光を飛ばしながら顔色補正してくれるので、肌の調子悪い時は重宝します。

3.アイメイク

原稿お疲れさまです……眼精疲労とクマで死んだような目になりますよね……。

目の下に、クマの気になるところに、下地を重ね塗りしておきましょう。ちょっとはマシやで。

アイシャドウは、乾燥対策にクリームタイプのもの使うと吉。

こんなやつね!

クリームタイプのアイシャドウは、保湿できるしっとり感があるのと、粉と違って肌に密着しやすいので落ちにくいのが利点。

インテグレートばっかり紹介してるけど、黒河は資生堂信者ではないです。

大きな声では言えないけど、資生堂はあんま好きじゃないんや……。でも、技術的に資生堂の商品は本当に良いもんが揃ってるんや……。く、悔しい……っ、資生堂の商品使っちゃう……!

そして、暗いところなので、ラメが入ってる方が、目元が綺麗に見えます。これはパーティや飲み会なんかの時もそうです。

ラメ感重視ならこいつ超オススメ!

何たってガチでダイヤモンド配合してるアイシャドウですからね。やべえよコーセー。ケバい派手なメイクさせたらランキング上位だよ。

単色アイカラーなので、好きな色選べる! 似た二色薄いのと濃いの持っておけば、使い勝手が良いですよ!

ぶっちゃけケース買わなくても使える仕様です。

4.口元

口紅の違いについてはこちらの記事をどうぞ。

グロスが一番オススメ!

ツヤ感があるので暗いところでも綺麗に見え、なおかつ保湿力も高いので、良いでしょう。

  • イベント中に飲み食いするんだが……
  • 移動が大変だから、メイクに時間はかけられない!

という感じなら、色付きリップが良いでしょう。

グロスや口紅は鏡見ながらじゃないと、塗り直しできないので。

憧れの方にお会いしたり、はじめましての人に会ったり、普段ネットでしか動向を知らない人に自分を見られる機会です。

折角なので綺麗にしていってください。

そして良いオタ活を!


12/13時点

ブログ内の記事に一部が見れなくなっています(リンクを開こうとすると別の記事へ飛んでしまう)

どうも、このブログの管理をしているところの公式様に問題があるようです。

現在公式様からの回答待ちの状態ですので、色々とご不便をおかけしますが、今しばらくお待ちください。

シェアする

フォローする