ドライアイでお困りの方に勧めるメイク法

プリライ・Dライ・たしけ神ライブへ行った皆様、楽しかったですか?!

私の推しがライブで大変なパフォーマンスをして自担じゃない人もメロメロちゅうだったそうなので、黒河はライブBDの発売を神に祈る!!

さて、先日こんなご相談を頂きました!



私はイベント時だけコンタクトなのですがドライアイが酷いので、アイメイクの記事などで触れていたような目に優しい化粧品や目薬で落ちにくいもの、ドライアイ対策などについて詳しく教えていただきたいです……!


おまえら全員仲間か!! やっぱり私以外にも、オタクの皆さんはドライアイが多いんですね!

というわけで、今日はドライアイの人向けのメイクのご紹介を!

1.ドライアイの仕組み

まずは、ドライアイってどういう状態なのか? というところから!

あっかんべーしたらわかるように、目の裏側は粘膜です。

口とかもそうだけど、粘膜って外気にさらされ続けると乾きやすいですよね。口の中は唾液がずっと染み出してて、乾かないようになってます。

しかし、口と違って目はずっと閉じてるわけにいかない。

そこで、目はまばたきをすると潤う機能を備えています。

涙液って呼ぶそうですが、要は涙をうすーくじわーっと染み出して、目が乾かないようにしてるわけです。まばたきする度に。

ドライアイの人は、まばたきした時に、この涙液が出ない。

原因は言うまでもなく目の酷使(PC見てる時間長すぎとか)です。

あと、コンタクト使用者の皆様におかれましては、使用時間が長すぎの人が多いそう。

私の経験のある自覚症状としては、

  • まばたきの回数が増える
  • 目が重たい(涙が出てくる前の感じに似た重たさ)
  • とにかく目が乾く
  • 目の中が突っ張って痛い
  • コンタクトレンズが白く濁る(まばたきしても涙液が出ないので、まぶたの裏側の粘膜の油分だけがコンタクトレンズに接触して、レンズに油がべったり付く)
  • そもそもコンタクトレンズが入らない
  • 二重の幅が広がるorまぶたが三重になる

辺りです。

  • 私「先生、どうにかなりませんか?」
  • 眼科の先生「どうにもなりません」
  • 私「そこを何とか」
  • 先生「目を休ませてあげてください。あと、PCやスマホを凝視してる時に、意識してまばたきの回数を増やす」
  • 私「もう一声!」
  • 先生「ブルーベリーを食べる(サプリでも可)とか、目薬こまめに差すとか、コンタクトレンズを付ける時間を減らすとか」

という診断を下されたので、劇的に治る方法は無いようです!

ドライアイのみんな、これは一生ものだ! がんばってつき合っていこうな!

TLに張り付く時間減らして、原稿しなかったら、ちょっとはマシになるだろうけど、つまりそれは我々にとっては「改善の見込みはあまり無い」ということだ。

せめて、ブルーベリー食って、目薬差そう!

2.おさらいプラス

目元のメイクは、ドライアイの人の眼球の水分を奪ったりするので、使うもの選んだ方が良いよ! というお話を以前しました。

マスカラはウォータープルーフじゃないものを使いましょうね!

詳しくはマスカラの記事をどうぞ。

まつげっていうのは、目を守るための毛です。

基本的に毛っていうのは、ばい菌や衝撃(物理)から体を守るために生えてます。

まゆげは額から汗や雨が垂れても目に入りにくいようになってる屋根だし、まつげは風や飛んできたゴミやばい菌を目に入れないためのバリヤーです。

これは逆にも言えることで、まつげは目の中から栄養分が出ていかないようにもしてます。まつげがあるから目の水分は蒸発しにくいようになってるところがあります。

なので、マスカラやビューラーを使ってまつげを上向きにすると、目の水分が蒸発しやすいです。

囲いのなくなった牧場みたいな。水分大脱走。

そういうわけなので、ドライアイの人は、特に目がしんどい日は、ビューラーもマスカラもしないのもひとつの手です。

3.アイメイク

まずはアイライン。これはあまりがっつり引かない方が良いです。

理由はマスカラと大体同じ。

最近のアイライナーはどれも、汗や水に強くなっています。

「涙に負けない!」みたいな煽り文句を見たことがあるでしょう? 水分を弾くようにできてるんですね。

目の水分も勝手に弾きます。

バレーのトスとか、バスケやサッカーのようにシュート打つ人へのパスみたいなもんなので、

目から来た水分を、空気中へ弾きます。

シャハルの鏡とかマホカンタみたいに、撃った奴本人に撃ち返してくれりゃ、目に水分戻ってくるのにな。

というわけで、目の周りぐるっとアイラインで囲むと、水分が全方位に拡散される感じになるので、囲み過ぎない方が良いです。

上だけ引くとか、目尻だけ描くとか。

それからアイシャドウ。粉っぽいのはやめましょう。

パウダータイプのアイシャドウは、一番一般的で発色が良いんですが、

粉ということは水分吸っていきます。

全然湿ってない、乾いた砂の方が水の吸収が良いでしょう?

目元の水分吸って、パサパサになっちゃうので、パウダータイプはやめておくと、ちょっと目がマシです。

オススメはクリームorリキッドタイプのアイシャドウ!

パウダータイプよりしっとりしてて、薄い粘土とかゆるーい絵の具塗るみたいな感じ(例えが悪すぎる)なので、目周り乾燥せずに済みます。

ドライアイの方だけじゃなく、目周り乾燥しやすい方にもオススメ。

マキアージュの限定リキッドアイシャドウ

4.疲れ目ケア

おまけで、ドライアイの対処を少し。

基本的には目を使う作業の時間を減らすこと。休憩入れましょうね。

コンタクトユーザーは、軽度のドライアイの人はうるおい成分多めのハードコンタクト、重度のドライアイの人はワンデーソフトコンタクトが良いかと。

私はドライアイが進みすぎて、うるおいハードコンタクト作ったけど、入れて30秒で油がついたので、無駄だった……!

そして、なるべくコンタクト付けてる時間を短めにしましょう。

メガネユーザーは、レンズにブルーライトカット加工してメガネ作ると、PCやスマホの作業が少し楽ですよ。

あと、目薬はちょっと高いけど3つおススメあります。

裸眼orハードコンタクト時に使う用。

こいつには私は本当にお世話になりました……!

吸着ビタミンっていって、目の疲れてる箇所にピンポイントで疲れを取るビタミンが届いてくれるので、差したらすぐに目のかすみや痛みが取れやすかった……!(ガチでしんどい時は、こいつでも無理なことも)

以下は、ソフトコンタクト着用時でもOKな子たち。

とろっとしてる目薬は少ないので、こいつもおススメ。

ちょっと粘性のある目薬です。とろっとしてる液剤が目の表面に留まりやすくて、うるおい与えてくれます。

それから、こいつには現在進行形でお世話になってます。

涙に似た処方だし、ソフトコンタクト付けたまま使えるやつで、きちんと疲れを取ったりピント合わせやすくしてくれる目薬って少ないから、助かる!

安い目薬って、メントールですーっとさせるだけとか、うるおい補給するだけで疲れを取ってはくれない、っての多いから、何かの症状でお困りならちょっとお高いやつの方が効くよ。

そして、絶対手放せないのはこれ。

もうまぶたひきつって、明日絶対まぶたが三重になってる……って自覚がある日は、これしかない。

わざわざこれ買わなくても、蒸しタオルやお湯にひたして絞ったタオルを目の上に置くだけでも全然違うので、やばい時は是非!

ドライアイは本当にしんどい時は、もうアイメイク全部手抜きでいいや……っていうか、メイクのために鏡見てんのもしんどい……って思っちゃうくらいなんですよね。

普段からケアや軽減していって、メイクが必要な日は今日の記事を参考にして、どうぞ少しでも楽にドライアイとつき合いましょう!