人生初のバイオで心が折れそうになった話

白峰かな(以下、かな)「バイオハザードが気になるんですよ」

私「遂にかながサバイバルホラー(ホラー世界をサバイバルしていく系のゲーム)系に目覚めましたか!」

かな「いや、けーこさんがFFしてるの見てたら、私もゲームしたいなって」

私もかなも、大体いつもやるのはRPGばかりで、サバイバルホラー系はやったことがありません。

私に関しては、ひとつだけ、サバイバルホラーの「サイコブレイク」というタイトルのゲーム実況動画を見たことがあります(版元から、「niconico動画内でのみ実況動画にしてOK」という許可が出ています)

自力でクリアできそうとは全く思わなかったんですけど、ただ自分の力で恐怖と狂気の世界を切り拓いていくゲームにはとても興味が沸きました。

というわけで、早速バイオハザード7について調べると、仕様上「通常版」と「グロテスク版」があることが判明。

違いについて見てみると、グロテスク版では、腕や足が落とされたり、刃物がざっくり刺さるような、結構きつい描写があるとのこと。

かな「必要以上にグロテスクなのは、あんまり……」

私「私は別に平気だけど、プレイヤーが演出で心折れるのはアレだし、通常版にしましょう」

かな「私、まだ買うとは言ってない……」

私「善は急げ! 買いに行くぞ!!」

かな「……PV気になるしな( ˘ω˘ )」←観念した

というわけで、買ってきました。

バイオハザード7の導入

失踪してから3年間音信不通だった恋人(妻?)ミアから、メールが届く。

「迎えに来て、イーサン」

音信不通になる前、「もうすぐ仕事が終わるからね(出張中)早くあなたに会いたい」「私の事は忘れて暮らして。私を探さないで」という、対照的な2つのビデオメールを送ってきていたミア。

3年間、途絶えることなく彼女を愛し続け、彼女を探していたイーサンは、メールに記載されていた住所まで彼女を迎えに行く。

たどり着いた先は、薄汚れた家屋。

ひと気のない、長年放置された様相の家の中を、ミアを探しさまようイーサン。

近隣で20人以上の失踪者が出ていると報じる新聞紙。「幽霊屋敷」に侵入する様を撮ろうとしていたY●uTuberたちの遺したビデオ。ぼろぼろになった一枚の家族写真……。

今にも崩れそうな廃屋の中を進み、イーサンが目にしたものは……!

序盤で心折れそう(以下、ネタバレ込みの攻略メモ)

  • 人生初のバイオハザード!
  • 「探さないで」って言ってる、行方不明の奥さんを捜しにきちゃった主人公イーサン
  • 森の中に到着。かな「既に嫌だ。イーサン、帰りなよ。悪いことは言わないから」
  • 謎の邸宅を発見
  • テレビの取材企画(ゴーストハウス潜入企画)の企画書。赤字で「Join us!」←このクルーたちに何かした奴が書いた?
  • 「恵みを受け入れろ」の看板
  • 誰か人が横切っていった
  • かな「門から入った方が良かったな……」私「え?? 門から入ってないの?」かな「横道から入ってきた……」なぜwww
  • 正門は鍵がかかっていたので、再度横道から潜入。
  • CDと何かが滴る鳥の足が吊ってある
  • かな「何アレ……」私「ただの鳥除けなのでは??」
  • かな「あっ段差下りちゃった! 戻れない! ばか! 退路確保してよイーサン!」
  • 奥さんの免許証を発見。ここでアイテムの詳細を見る。
  • 奥さんのメール:迎えにきて←「探さないで」って言ってたのに?
  • 室内探索。今のところ特にゾンビとか出るわけじゃないけど、ひたすら不気味。
  • 相次ぐ失踪事件の新聞。
  • 調べられるピアノ(かな「ピアノは絶対に鳴らさないぞ」)
  • かな「死骸でカラスを呼んで、それを食べていたのでは……?」私「ほう」かな「しかし最近カラスを捕り尽くしてしまった。だから、イーサンを……おびきよせ……」
  • 私「アイデア高すぎかよ……かなって真っ先に死ぬ探索者タイプだよね」かな「しかも、正気度保ってないやつ」
  • ビデオデッキにビデオ入れたら昔の潜入企画のビデオ
  • 同行者のアンドレ行方不明
  • 失踪者の新聞があったところに「黒い幽霊の噂」の新聞
  • 既に死んでるアンドレ。奥から現れる謎の人物。
  • かな「イーサン勇者かよ……。もう帰りなよ……。この家私生理的に無理だし……、下水入れるとかおまえほんと……」
  • かな「途中で挫けそう(確信)」
  • かな「もう帰って通報しろよ。あのビデオでじゅうぶん証拠になるよ……というかなぜ運転免許証を拾った時点で帰らなかったんだ」
  • 奥さんのミア発見!
  • 脱出を試みるも、出口を探している途中に連れて行かれるミア。
  • 3年も監禁されてたにしては、お顔も体もキレイですね。
  • 突然ミアがゾンビ化して襲ってきた。
  • ナイフ刺してくる演出が直視できなくて戦えないかな。
  • 無事にミア殺害。
  • 突然の電話。ゾーイ? 女の人。「屋根裏へ向かえ」
  • 屋根裏でチェーンソー持って襲い掛かってくるミア!
  • プレイヤー交代!
  • 何か探したら武器が手に入ったらしいんですけど、目星低すぎるけーこでは、武器が集まらなかったよ……www
  • チェーンソーで襲い掛かってくるミア! 素手で殴りかかろうとするけーこ!
  • チェーンソーで腹割かれて死んだ。

心が折れかけた

屋根裏のミア戦が衝撃的で、初心者の我々にはなかなかハードで、初見で心折れそうになりました……。

というか、私は心折れた!

私が一番心折れたのは、ミアがゾンビ化してしまったことで、しかも最初のボスだったことです。

ミアを助けにきたはずなのに、既に手遅れのような状態になっていて(会話が通じない、打って変わって攻撃的な言動を取る、刃物で攻撃してくる)、しかもボス戦で殺さなきゃいけない(既にボス戦前に一度応戦して殺すバトルがある)

主人公の望みを叶える手伝いをするような気持ちでゲームをしている身としては、愛する人を迎えに来たはずなのに、延々刃物を向けられ、罵詈雑言を吐かれ、チェーンソーで腹を割かれ、自分が生きて帰るためには変わり果てた愛する人を殺して脱出しなければならないイーサンの気持ちを思ったら、もう心がぽっきり折れてしまった……。

ピーチ姫を助けるために、クッパの城に乗り込むんじゃないのかよ……

城に乗り込んだらゾンビになったピーチ姫襲ってきて、仕掛け解きながら脱出してくださいって辛すぎるだろ……。

というわけで、私は恐怖と狂気の渦巻く家での冒険を続けられず、ソフトを売りに行く気満々でした。

ごめんな、イーサン。見殺しにして。

ミア救出できないことに絶望してから2日後。

そこには英気溢れるかなの姿が!

かな「イーサン! このベイカー邸から一緒に脱出するぞ!」

おまえ、勇者かよ……。

かくして、めげずにイーサンを助け続けたかなの勇気と根気によって、イーサンは無事(?)に日常に戻り、私は「生まれて初めてのバイオで挫折した話」という日記を書くことは無かったのでした。

恐怖と狂気に満ちた夜からの脱出は、プレイヤーのかながプレイ日記を書いてますので、その苦楽を是非読んでください↓

【初ホラーゲーム】バイオハザード7をクリアしました!

ベイカー邸でどんなことが起こっていたのか、何があの屋敷を変えてしまったのか、ミアの身に何が起こっていたのか。

かなの頑張りのおかげで、謎は解き明かされて、悪夢のような一夜を越えることができました。

プレイする分には私の心は折れてしまったけど、生まれて初めてのバイオはとっても楽しかった!!

これに懲りずに、サバイバルホラーとかFPSにのめり込みそうです(笑)

普段プレイするゲームジャンル的に、なかなかカプコンさんにお世話になることないんだけど、カプコンさん、素敵なゲームをありがとうございました!

シェアする

フォローする