ベースメイクにもレベルがある

メイクの一番基本となる、ベースメイク。

下地やファンデーションなんかで顔の素地を整えるものをベースメイクと呼びます。

とりあえず塗らなきゃいけないから塗ってる、という人多いですよね?

  • ぶっちゃけファンデーションっている?
  • BBで良くない?
  • 最近CCとか出てるけど、なにあれ?

と思っている人も多いと思うので、今日はこの三つのアイテムの違いについてです。

ざっくり違いを説明すると、

  1. ファンデ:ラストダンジョン直前の武器屋で買える高額防具
  2. CC:序盤にめっちゃ金貯めて背伸びして買う「青銅の盾」
  3. BB:旅立ちの村で王様にもらった小遣いはたいて買う「なべのふた」

って感じです。細かく見ていきますね。

1.ファンデ

カバー力、付属効果(保湿など)に定評がある。

化粧したとわかる仕上がりになることが多い。

ものによっては、全身銀ピカのフルアーマー装備みたいな、こってり化粧になる。

色のバリエーションが豊富なので、本当にその人の肌に合った色を選べる。

ただし、他のものと違い、単体では役に立たない。

下地必須です。

(顔と紙をただの紙だと思ってください。下地はのりです。のりがないと、紙同士はくっつかない)

シミ、くすみ、目の下のくま、顔の色ムラ、そばかすやニキビ、毛穴など、隠したいものがあって、ちょっと手間かかってもいい人に、オススメ。

2.CC

くずれにくさ、手軽さに定評がある。カバー力はBBより上のものもあるが、BBと同程度のものもあり、ピンキリ。

1本で3役(「色ムラ補正、下地、ファンデの効果」など)努める子。

色が2色しかないことが多いので、色白な人、逆に色黒な人には合わない場合がある。

流行のナチュラルメイクには向いてる。装甲ガッツリではなく、整えたんだなという見てくれになる。

簡単にメイクを済ませたくて、隠したいものが少ない人にオススメ。

3.BB

くずれにくさ、手軽さ、薄づき感に定評がある。

カバー力は全くない。ほぼすっぴんと変わらない状態でいい勇者がつけるもの。

1本で2役(「下地、薄化粧」など)努める子。

色が2色しかないことが多いので、以下同文。

ナチュラル仕上げどころか、ものによっては「顔にオレンジの絵の具塗ってる……?」みたいな違和感がバリバリ最強ナンバーワン仕上がりになるものもあるので、注意が必要。

あんまり化粧とか気にしないけど、マナーだから塗るか、という人はどうぞ。

絶対どれがいい! というのは、無いです。

自分の好みや悩みに合わせて、お財布と相談して選ぶべき。

実際私も、普段は

  1. 下地
  2. ファンデ
  3. おしろい
  4. コンシーラー

……って、ベースメイク作るのに30分くらいかけてますけど、一時期BBのくずれにくさにハマって、薄付きを我慢して使ってました。

「ファンデだから良い」「BBだから悪い」とかじゃなくて、自分のスタイルに合ったものを使ったらいいですよ!