女は黙ってメイク落とし

IMG_0546

「肌を大事にするために一本一万円の化粧水&乳液、ナイトクリームだけは高級品使わないとね!」

「日中ずっと肌の上に塗るんだからメイク品はいいもの使わないと!」

こういう人よく見かけます。

でも意外と、

「メイク落としと洗顔だけは高いもの使ってます」っていう人は見かけないんですよね。

しかし考えてもみてくれ。

みなさん、ペン入れ後に下書きを消しゴムで消して、大して消えてない鉛筆線や散乱する消しカスの上から、清書したり色塗ったりしますか?

絵を描かない人でも、小学校の時なんかに一回くらい、模造紙に「研究発表のまとめ!」とか書いたことありますよね?

消しゴムかけ大事ですよね?

「メイク落とし」と「洗顔」って、つまり消しゴムかけのことなんです。

  • 日中の空気中にある雑菌
  • 紫外線や乾燥した空気によってついた汚れ
  • そして何より一番の大敵であるメイク
これらが鉛筆線や消しカス。

こいつらを綺麗にどけないことには、上からいくら良いスキンケア使ったって、肌が綺麗になったりはしないからね。

そういうわけで、メイク落としと洗顔にはお金かけた方がいいです。

メイク落としと洗顔って、使ってもすぐ流したりするから、「使い捨て」感が他のアイテムより強くて、「消耗品」感覚が強いんでしょう。

自分への「投資」になるスキンケアやメイクとは違うイメージ。

結論:「メイク落とし」と「洗顔」は一番良いものを使ってほしい!!

ちなみに、メイク落としは文字通り「メイク汚れを落とすもの」。

洗顔は「その他の汚れ(顔の上にいる雑菌とか、空気中や紫外線から付着した汚れとか)を落とすもの」。

両方必要ですよ!

シェアする

フォローする