メイクすると老けて見える問題の改善法!

更新全然できてなくてすみません!!

小説書くの楽しすぎて他のこと何もやってないんだけど、別にこの小説は本にはならないので、スパコミとかいう単語は私の耳に入れないでください。

頂いた質問、全部目を通してるんですけど、なかなかお返事できてなくてすみません! ちょっとずつやっていきますね!

今日はこんな質問です!


実はメイクをすると老けたような印象になる気がするのです。
なんというか目頭から頬にかけ八の字にしわのようなものが目立ったりほうれい線が目立ったりするきがします。以前、高校の友人と久しぶりに会ったら老けたと言われました…高校の時はすっぴんだったのですが…
それに、家などのすっぴんの時の方がシワが目立たない気がします。それに肌がくすんでいるような感じや、疲れた印象があります。
これは気の所為なのかそれとも何かメイクのやり方がよくないのか…
もしやり方がよくないのならば改善方法なぞあれば教えていただきたく、気の所為ならば諦めますのですが…


春になったので、メイクを始めた方も多いかと思います!

また、ちょっとメイクに慣れてきたけど、何かなあ……というお悩みを持ってる方も増える頃かと思います。

というわけで、ちょっと「メイクをすると、老けた印象になる」問題について、書いていきますね!

 

メイクをすると、老けた印象になる理由

基本的にやっぱり、メイクをすると大人びた印象にはなります。

どうしても子供らしさ・素顔というのは、イコール「何も手を加えていない」というところがあるので、逆にあれこれと修正や補正をして洗練させていくと、大人っぽさが出てきます。

白服の初期装備だと、ゲーム始めて間もない超初心者キャラっぽいけど、課金限定装備で兜も鎧も武器も盛ってたら、超手練れの重課金戦士なんだな……って思うじゃないですか。

なので、すっぴんの時よりも、少し年齢が上がって見えるのは、ある程度は仕方ないことなんですが、それが「大人びた」じゃなくて「老けた」ように見えるのが、今回の問題ですね!

じゃあ何で老けて見えるのかっていうと、以下の4通りの原因が考えられます。

  1. 顔色が悪いメイクになってしまっている
  2. 化粧品塗りたくりすぎ
  3. 垂れメイクになってしまっている
  4. アイテム選びに失敗してる

順番に詳細と対処法を書いていきますね!

 

1.顔色が悪いメイクになってしまっている

相談者さんの言葉でもありましたが、「疲れた印象」「くすんだ感じ」といった、顔色の悪さは、イコール「老けた印象」に直結します。

頬がこけてたり、目周りのくまやしわがすごかったり、げそっとしてるキャラって、若々しさは感じないじゃないですか。

原因は2通り考えられます。

  • ファンデの色が合ってない
  • 口紅やチークの色が薄い

ファンデの色が、黄色に寄ってたり、本来の肌色より暗いと、老けて見えがちです。

本や紙が黄ばんでると、無条件に「古い本なんだなあ」って思ったりするでしょう? あんな感じですね。

また、ベージュっぽい口紅や、チークをうっすらとしか入れてない場合、顔色が悪く見える方がいらっしゃいます。

薄めのメイクは、無防備で無垢な感じが出て可愛いんですけど、血色悪い印象になりがちです。

化粧っ気のないJKキャラでも、唇がピンクで色づいてる方が、魅力的で魅惑的に見えますからね。逆に、寒さや体調不良で生気が無い時、人間は唇が青紫になっているものです。

というわけで、一度使っているメイク品の「色味」を見直してみるのはひとつだと思います。

ファンデーションは、首と色が近いもので、あまり黄色に寄らないものを選んでますか?

少し赤みの強いグロスを使ったり、チークをもう少し濃く入れてみましょうか!

 

2.化粧品塗りたくりすぎ

「厚化粧ババア」という悪口がありますね。(人に向かって使っちゃいけませんよ)

世の中には厚化粧が必要なシーンもあります。

舞台で演技をする職業の方なんかは、後方の座席までその顔がハッキリ見えないといけないので、とても濃くて厚いメイクをしますし、モデルさん(レイヤーさんとかも)みたいに写真越しの作品を残す方は、濃くて厚いメイクの方が写真映えします。

しかし、基本的には悪口になっている通り、厚化粧というのは、人の見た目年齢を変えてしまいます。

何で厚化粧だとババア扱いなのかというと、年を取るごとに隠したい肌の悩みが増えて、結果的にメイクが厚く厚くなってしまうのが原因です。一般的にはその感覚が強いので、厚化粧=老けてる、という感じです。

もっと理論的に考えても、化粧品なんて科学的な人工物で顔を分厚く埋め立ててるんですから、そりゃ顔の印象も人工的になって、普通の年相応には見えづらくなります。

で、メイク始めたてで適切な量がわからないとか、逆にメイクに慣れてきて隠したい箇所が増えてきてついつい塗っちゃってるとか。そうなると無意識に厚化粧になってたりします。

あんまり塗りすぎると、しわのところでファンデが溜まって、しわが余計目立つ時もあります。

心当たりのある時は、下地やファンデを少な目に出すように心がけてみてください。

 

3.垂れメイクになってしまっている

垂れ目キャラってエロいよね!!

八の字の困り眉のちょっと弱気なキャラも可愛いしね!!

ちょっと危ない隙を感じさせるというか、無防備で無垢な印象があるというか!

ただ、現実ではちょっと注意した方がいい要素なんですよ。垂れメイク。

というのも、人間の顔って年取ると端っこから垂れてくるもんなんです。左右両側の肉や、顔のパーツが、全体的に落ちてくるんですよ。

(絵描きさんの絵柄にもよるけど)高齢のキャラって、ほうれい線だけじゃなくて、眉尻や目尻や口の端が垂れてるパターン、結構多いと思います。

そういうわけで、眉尻や目尻が下がり気味の垂れメイクって、無防備感があるメイクではあるけど、やりすぎると老けて見えるんですよね。

特に眉とアイラインって、描くのに慣れるまで少し練習が要る箇所なので、老けた印象があるときって、もしかすると下がり気味に描きすぎているのかも。

  • 眉尻:眉頭より眉尻の位置が下がらないように
  • アイライン:目尻を少し跳ね上げるイメージで

を気を付けて描くと、上手くいきやすいですよ。ちょっとポイントポイントを見直してみましょう。

 

4.アイテム選びに失敗している

肌質や悩みや好みも影響するので、一概に「失敗している」とは言いづらいんですが、やっぱり合う合わないがあるので、人によって老けて見えやすくなるアイテムというのもあります。

特に下地とファンデ!

テカり崩れ防止系の下地は、ピタッと顔に密着して崩れにくくするのが一番の役割です。

すると、表情の動きや顔の変化に付いていくのが下手で、しわになりやすい目元口元の辺りがよれちゃうってアイテムもあったりします。

それから、ファンデはカバー力が高くてマット(しっかり付いて、のぺっとした印象になる、ツヤの少ない仕上がり)になるものは、厚化粧感が増すので、使う量を慎重に見極めないと、老けた印象になりがちです。

というわけで、もし1~3を試してみても、やっぱり老けた印象になるという人は、手持ちのアイテムを見直した方が良いかもしれません。

下地を柔軟性のある保湿系に変えてみるとか、ファンデを薄付きのものに変えてみるとか、してみましょう。

 

何かあれこれ書いてしまったので、「私の今までのメイク間違ってたのかな……」って不安になる方もいるかもしれませんが、安心してください!

根本的に、みなさんの素顔がおキレイな可能性もめっちゃ高いです!!

上でも言いましたが、基本的にやっぱり、化粧すると少し大人っぽく見えます。厚塗りすると余計に。

なので、ファンデの量の見直し等含めて、キレイな素顔を生かしつつ、ナチュラルメイクを目指すのも、改善手段のひとつです。

メイクって日常に組み込まれてる面倒くさいもののひとつですが、たまの機会に量や塗り方を見直してみると良いきっかけになりますよ!

メイク楽しんでくださいね!

 


先日作ったメイクの仕方レジュメ、記事にして頂きました!

こんな記事も書いてます。