パウダーファンデーションをスポンジで塗るのは昭和のメイク法


今のメイクはこれだ!!

 

ずばり、ファンデーションブラシ。

ファンデーションブラシの優れている点は以下4つ

  1. 指の力が入りすぎない。
  2. 意外と気持ちいい。
  3. 毛穴が隠せる。
  4. 用具の手入れが楽。

スポンジと比較しながらその良さを解説していきます!

 

1.指の力が入りすぎない

「こする」のは肌へのかなりの刺激になるというのは、何もスキンケアに限った話ではありません。メイクもです。

スポンジは「こする」天才です。

通常パウダーファンデーションのケースに入っている、薄くて小さいスポンジは、指の力をダイレクトに肌に伝えるので、ものすごい刺激になります。薄いと圧力や刺激を通しやすいんですよ。

薄い本通販したら、段ボールの板で補強されてるでしょ?

レターパックの薄さじゃ、外からの圧力で中身が駄目になっちゃうからな……!

そういうわけで、スポンジは指の刺激を肌にモロに伝えるから、刺激になっちゃう時もあります。力加減には気を付けて。

その点ブラシはすごい! 手首を動かして塗り広げるから、肌を「こする」ような刺激にならない!

 

2.意外と気持ちいい

  • チークとかのブラシとかより固そう……
  • ファンデ塗るようなしっかりした毛なら痛いんじゃないの?

ご安心ください、びっくりするくらい気持ちいいです。

ファンデーションブラシに使われている毛で多いのは、馬毛です。

馬の毛って結構すべすべなんですよ!

北海道の修学旅行とかで乗りませんでした?

チクチクしたりひっかかったりすることはほとんどないです。スポンジのように滑らかな使い心地。

 

3.毛穴が隠せる

スポンジとの最大の違いはこれ。

スポンジは落とし穴の上に青いシートかぶせてるだけ。重力でシートが落ちていったり、誰かが上を通ったりすると、そこに穴があるのがわかります。

ブラシを使うと、きっちり落とし穴の底まで土を入れてくれるので、落とし穴がバレることはない!

もちろん、正しいクレンジングをすれば、底まで入ったファンデはちゃんと落ちます。

 

4.用具の手入れが楽

ブラシは使い終わったら、ティッシュで拭いて、付いた粉を落とせばOK。

日に日に黒ずんでいくケースの中のスポンジを見て、憂鬱にならなくてもいいんですよ!すごくね?!

ズボラな私にぴったり!

どうしても汚れちゃったら、ちょっと軽くお手入れしてあげてください。

 

特に締め切り間近の徹夜明けの化粧ノリが悪い肌って、=毛穴が目立ってる肌なんですよね。本当に重宝しますよ。

私は仕事柄化粧が崩れてると、お客様に「こんな化粧崩れてる人からは買いたくない」って言われちゃうので、原稿に追われてる時は絶対にブラシ使ってます。

最初に挙げた資生堂のファンデーションブラシのこのお値段なりの一番の利点は、一生モノであること。

普通に使っていれば、一回買ったら一生駄目になることなく使い続けられます。

使い捨てのスポンジや、付属の薄いスポンジ買い替えるより、経済的でしょ?

イベント前のメイクの為に、100均のやつでもいいから、是非一本。

こんな記事も書いてます。