ベビーパウダーは粉おしろいの代わりになるか?


台風やべえ!

今年は夏場大人しかった分、と言わんばかりに、8月末から自然災害多いですね……!

皆さん十分お気をつけて!

 

さて、こんな質問頂きました!


最近になって資生堂のベビーパウダーを仕上げの粉おしろいとして使い始めたのですが、これを使うと今までのテカりが嘘みたいにおさまり、鼻の黒ずみも嘘みたいになくなりつるりとし、朝化粧して出かけて汗をかいてたりしても夕方に少し鼻をおさえるくらいのテカりですむようになったんです。
しかし、これは本当に大丈夫なのでしょうか。ベビーパウダーは毛穴につまりやすい、乾燥肌の人は余計に乾燥を引き起こす等の記事を見かけ、見かけは綺麗に見えても毛穴につまっていたり知らずのうちに乾燥を引き起こしているのではないかと少し不安になってしまいました。
確かに夕方になってもテカりはおさまっているのですが、若干頰がぱりっとした感覚があったりほんの少しだけおでこが痒くなったりする時があります(今の時期は紫外線を浴びたりクーラーによる乾燥の影響もプラスされてだとは思うのですが)
(中略)
今年はミラコレを予約し、冬から初ミラコレをする予定なのでそれまでの繋ぎとして使えるならベビーパウダーを使いたいのですが、本来こちらは顔に使用しても良いものなのでしょうか。理想的な仕上がりになるとはいえ、乾燥を知らずのうちに悪化させては困るという点が一番の悩みどころなので、もしよろしければアドバイス頂ければと思います。


質問者さんが使ってる資生堂のやつはこれですかね!

サラサラになるし、良いですよね! 固形だから粉飛びしにくくて、使いやすいし!

Twitterでもよく「ベビパは良いぞ!」みたいなツイート回ってくるし、ベビーパウダーを粉おしろい代わりに使ってみようかな? という方も多いのでは。

今日はちょっとベビーパウダーについて見ていきましょう。

 

1.ベビーパウダーとは

名前の通り、主に赤ちゃんの肌をケアするために使うものです。

基本的には、肌の余剰な水分油分を吸って、不足気味な水分油分が飛んでいかないように蓋をしてくれる、坊ちゃんのワガママ叶えてくれるスーパー執事みたいなアイテムです。

ベビーパウダーたるもの、水分油分バランスくらい管理できなくてどうします?

余談だけど、私の黒執事、3巻だけどっかに消えたんだけど、どこいったんだ……?

ベビパの主な原料は「タルク」っていう成分です。

この「タルク」は危険、みたいな話が一時期出回ってましたが、ぶっちゃけ化粧品の成分なんて、「量が多けりゃ体には危険な時もあるけど適量なら肌に良い」から配合されてるもんばっかです。

毒にも薬にもなる、なんてマンガでもよく出てきます。世の中のものは大体どんなものも、過剰に摂取しすぎると毒だけど、適度にあれば糧になります。愛もストレスも。(良いこと言った顔)

風邪薬だって、適切な量を飲めば熱を抑えてくれたりしますけど、重ねて服用すると失明したりしますからね。気を付けてね。

そのために、我々文系が接客したり企画書作ったり経理したり営業したりしてる間に、専門家(理系の人たち)が○○化粧品研究センターみたいなところで、肌に良い成分を探したり、肌に刺激がない量を調整したりしてくれてるんですよ。

タルクも少量なら食品にも使われてるような成分です。

大量じゃなけりゃ、安定して水分油分バランスを保ってくれるから、口紅やファンデにも入ってるし、赤ちゃん用のベビーパウダーにも入ってるんです。

というわけで、ベビーパウダー自体は、お肌に悪いものじゃないです。

 

2.粉おしろいとしての使用

上記のように、水分油分のバランスを取ってくれるので、粉おしろいとして使ってもらって大丈夫ですよ!

その特性的に、テカり崩れなんかは少なくなります。

質問者さんが気になってる、「毛穴に詰まる疑惑」「乾燥する疑惑」について見ていきますね。

まず、毛穴に詰まる疑惑に関してですが、これごめん、めっちゃ率直に言うね。

毛穴にメイク品が詰まるのは、肌質とスキンケアと生活の問題です。

生まれ持った肌質や、不適切なスキンケアや、よろしくない生活(乱れた食生活、夜更かし)の条件が揃ったら、下地だろうがファンデーションだろうがベビーパウダーだろうが、毛穴に詰まります。

逆に言えば、

  • 自分がどういう肌質か、ぼんやりでいいから理解する(どういうことをすると調子が悪くなるのか、とか)
  • 最低限度のスキンケア
  • 食事や生活リズムを整える
  • 適切な化粧落とし(ここが一番重要かも)

というようなことに気を付けておけば、どんなアイテム使っても、毛穴の詰まりがそこまで気になることはないかと思います。

ベビーパウダーが毛穴に詰まってるのかも、という不安は感じなくて大丈夫ですよ!

 

次に乾燥する疑惑ですが、こっちは、確かに他の粉おしろいより乾燥しやすいかもしれません、という答えになります。

というのも、粉おしろいにはほぼ絶対、「保湿成分」が入っています。

乾燥しやすい顔に塗ること前提に作られているアイテムなので、配合成分もその辺考慮されてます。

粉おしろいだとわかりにくいでしょうが、ファンデーションだと「美容液成分配合!」とか「高保湿ファンデ!」とか書いてますよね。あんな感じで、化粧品って大体乾燥対策成分が入ってるんです。

対してベビーパウダーは、保湿成分がそこまで重要視されてません。

保湿成分配合のものもありますが、そこまでたっぷり入っているわけでも、保湿効果の高いもの(美容液成分! みたいなやつ)がもりもり入ってるわけでもないです。

そう考えると、あくまで「肌の水分油分バランスを保つ」ことを目的に作られてるベビーパウダーでは、「保湿しつつキレイにメイクする」ことを目的に作られてる粉おしろいより乾燥してしまうのも、わかってもらえるかと思います。

なので、ベビパは乾燥するかどうかと言われたら、「他の粉おしろいと比較すると、乾燥しやすいです」と言えます。

 

余談だけど、ミラコレは毎年入ってる保湿成分が変わります。

モチーフになる花が毎年違うんですが、毎年その花から抽出した保湿成分が入ってます。

今年はシャクヤク!

立てば芍薬、座れば牡丹、口を開けば夜戦馬鹿歩く姿は百合の花!

 

3.ベビパの乾燥を防ぐには

  • ベビパ性能いいから使いたいんだよなー!
  • でもやっぱり乾燥がちょっと気になるかも……

という方は、ちょっと保湿多めにしておくと良いかと思います。

とはいっても、質問者さんのアイテム使用順教えて頂いたら、めっちゃしっかりされてるんですよね!


ちなみに肌をつくる順番は、 アベンヌのミスト→顔パック(化粧水の代わりに保湿として)→イプサの乳液→SPF50の肌色化粧下地(日焼け止めとして)→マキアージュ下地→イプサのリキッドファンデ→ベビーパウダー→アベンヌのミスト、で仕上げています。
化粧直しの際は油をふきとった後、イプサの美容液スティックで保湿後パウダーをはたきミストをかけてプレスしています。


ティッシュで油吸って粉おしろいのパフ(粉おしろい付けてない)で顔パンパンして化粧直し終わり! な私は見習った方がいい……。

実際にお肌を見させて頂いたわけではないですが、この条件で乾燥対策としてアドバイスするなら、以下の3つです。

  1. メイク前のスキンケアで、ナイトクリームを使う
  2. ベビーパウダーの上からパウダーファンデーションを足す
  3. ベビーパウダーの使用量を極力減らす

元々すごく保湿をしっかりされてるみたいですが、乾燥が気になるということだったので、メイク前に油分を足しても良いかと思います。

夕方にかゆくなるところに、うすーくナイトクリームを塗っておくと、乾燥によるかゆさが軽減されるかと!

あと、同じく油分を足すという意味で、ベビーパウダーの上にパウダーファンデーションを塗るも有りです。

普通に粉おしろい使ってる方も、粉おしろいやベビパを最後の仕上げにすると顔が白くなるので、上から肌色レイヤーで肌の色調整する意味でも、パウダーファンデを最後に塗るとキレイですよ!

それから、ベビパやファンデって、塗ってるとついつい重ねて重ねて……になってません?

メイクにちょっと慣れてくると余計、がっつり粉を取って塗り足し塗り足しになるので、一度使用量を見直してみてください。

いっぱい使ってると、その分がっつり油分を吸おうとして乾燥につながってるところもあるかもしれませんから、少し薄めに使うよう気を付けてみるのも手ですよ。

 

個人的には、粉おしろい代わりのベビパはおススメです!

特に、質問者さんは

  • 仕上がりはとても気に入ってる
  • 毛穴の黒ずみが消えた
  • テカり崩れが少なくなって嬉しい
  • ミラコレ発売までのつなぎに使いたい

という、ベビパに好感度高い体感ばかりのようなので、余計におススメしたい!

気に入ってるものは、製造中止になるまで使い続けてもらっていいんです。

(もし製造中止直後のアイテムを気に入ってるなら、お店やメーカーさんに在庫残ってたりする時もあるので、問い合わせてまとめ買いしとくのも手です・笑)

折角毎日のようにする化粧なんだから、気に入ったアイテムで楽しくメイクしましょう!

もちろん、ちょっと手を加えてもかゆみや乾燥がどんどん酷くなるようなら、使うのを一旦やめるのもひとつです。

でも、折角「良いな!」「好きだな、これ」と思うものに出会えたなら、ちょっと工夫して使い続けられると良いですよね。

ベビパウダーは成分や使用上でそこまで悪質な問題はないので、あとは自分の肌の調子と相談しながら、いい感じに使ってもらったと思います。

どうぞ、好きなものを憂いなく使い続けられますように。

こんな記事も書いてます。